English
Marubeni Asset Management
丸紅アセットマネジメント株式会社
HOME
ニュースリリース
会社案内
事業案内
金融商取引にかかる留意事項
サステナビリティへの取り組み
お問い合わせ
サステナビリティ方針と体制
マテリアリティ(重要課題)への対応
環境への取り組み
外部評価・認証の取得
マテリアリティ(重要課題)への対応
HOME > サステナビリティへの取り組み > マテリアリティ(重要課題)への対応
当社及び本投資法人では、サステナビリティ方針に基づき、環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮の重要性を認識するとともに、企業の社会的責任として持続可能な社会の実現を目指すために、ESG対応マテリアリティ(重要課題)を設定しました。それぞれのマテリアリティに対して設定した行動計画・目標の成果はモニタリングを行い、状況に応じて次年度の行動計画や目標を見直してまいります。
設定したマテリアリティ
2021年度
分野 マテリアリティ 行動計画・目標 関連する主なSDGs
E(環境) 環境負荷の低減  エネルギー消費量、GHG排出量、水消費量の排出抑制 環境負荷の低減
外部認証の取得 ・GRESB リアルエステイト評価への参加およびGreen Starの継続取得
・環境に関する外部認証の取得
・環境認証取得カバー率の向上
外部認証の取得
S(社会) 従業員の働きがい、健康と快適性 ・フレックス制度、テレワーク環境の整備、育児休業制度等による働き
 やすい環境の維持・向上
・心身の健康、ワークライフバランスの実現
従業員の働きがい、健康と快適性
従業員の能力開発 ・自己啓発支援・研修による人材力の強化
・業務に必要な知識・力量の保持、資格取得の推奨
従業員の能力開発
G(ガバナンス) コンプライアンスの徹底 ・内部管理体制/リスク管理体制の強化によりコンプライアンス意識の向上を
 通じた法令遵守、リスク管理の徹底
・内部監査を通じた内部統制プロセスの実効性確保
コンプライアンスの徹底
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。SDGsは、17の目標と169のターゲットから構成されています。
SDGs
Page Top
お問い合わせ
丸紅アセットマネジメント株式会社
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1
大手町ビル5F
関連会社
丸紅株式会社
丸紅プライベートリート投資法人
丸紅都市開発株式会社
ジャパン・リート・アドバイザーズリンク
丸紅リアルエステートマネジメント
Copyright © Marubeni Asset Management CO., LTD.
All Right Reserved.